一般社団法人東京都任意売却支援協会

一般社団法人東京都任意売却支援協会は早急な売却手続きの着手の重要性を示唆

お問い合わせはこちら 任意売却士 検定試験

一般社団法人東京都任意売却支援協会

競売・入札の流れ・リスクについて詳しく指導

一般社団法人東京都任意売却支援協会

納税が滞った際に通知される「固定資産税催告書」が届いた際は、さらに「差押え」に発展しないように、しっかり市役所や役場などの担当者と話し合って支払い方法について指導を受けるべきです。また、ローン返済の滞りがピークに達し、競売が決定すると「競売開始決定通知」が届きますが、次に入札日程を記載した「期間入札決定通知」が届くまでまだ数ヶ月の猶予がありますので、一般社団法人東京都任意売却支援協会では、この期間中に早急に任意売却の手続きを開始することをおすすめしています。


一般社団法人東京都任意売却支援協会の特徴

FEATURE

細かな対処策も任意売却専門の事務所として丁寧にナビゲート

固定資産税は、1月1日現在に土地や建物を所有している人に課税される地方税で、市町村より請求されます。滞納した金額が多くなると、自宅や給与を差押えられてしまいます。収入の減少などで納税が難しい場合には、分割して納税する方法もあります。支払いが滞り、「固定資産税催告書」が届いた場合は、まずは市役所や役場などの担当者と支払い方法について相談するのが賢明です。
固定資産税の滞納を続けると、市役所や役場から差押書が送付され、滞納している人の特定の財産(主に不動産)の売却を禁止したり、支払われた給与から滞納分の税金を差し引いたりして、強制的に債務を回収される段階まで進んでしまいます。差押え中の不動産は債権者が一部を立替えて差押えを解除することにより、競売や任意売却が可能になります。そうした細かな対処策も、任意売却専門の事務所として、丁寧にナビゲートいたします。

入札日前まで可能な限り任意売却に対応いたします

これは、保証会社や債権回収会社が裁判所へ競売の申し立てを行い、その申し立てが受理された場合、「競売開始決定通知」が届きます。お客様がこの書類を受け取ってから1ヶ月以内に、裁判所から執行官が不動産の調査に来て周辺や部屋の様子を写真に収めます。その後3~4ヶ月で、新聞やインターネットなどに競売物件として不動産の情報が掲載されます。この時点であれば辛うじて任意売却に着手できますが、残された時間はわずかですので早急のご相談を推奨します。
不動産の入札日程が決まると、入札日程を記載した「期間入札決定通知」が届きます。この通知が届くと、競売まで秒読み状態になり、入札日が間近に迫ると任意売却に応じてもらえない場合が多くなります。入札が実施されると取り下げは不可能となり、落札後は立ち退きを迫られることになります。最後のチャンスになりますので、入札日前に迷わずご相談いただくべきです。


当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。