一般社団法人東京都任意売却支援協会

ローン返済で悩んでいる東京の皆様にとって有用な任意売却の情報を随時アップデート

お問い合わせはこちら 任意売却士 検定試験

ブログ

実際の案件例を挙げてサービス内容を詳しくレポート

様々な任意売却・債務整理・リースバックに関する有用情報も解説

都内の皆様に任意売却・債務整理・リースバックに関するホット情報をお伝えするべく、今の世相に求められている有用な情報を厳選してお届けしています。また、これまでに東京都内で担当してきた案件の中から、参考になる案件例をピックアップして引き合いに出しながら、ご案内しているサービスの概要・サービスフローを分かりやすく解説しています。今後も、ローン返済でお悩みを抱えている皆様に役に立つ新規情報を、随時アップデートしてまいります。

2022年4月1日から成人年齢を20歳から18歳に引き下げる改正民法が施行されました。未成年者は法定代理人の同意がなければ賃貸借契約を締結することは出来ず同意のない契約は取消されてしまいます。そこで…

任意売却での売却価格は一般に売却する場合とどの位違いがあるのだろうか。答えは一般の売却価格と同等かちょっと安いくらいです。物件によって個体差はあるものの競売ほどには安くなりません。任意売却…

固定資産税額を計算する場合に用いられる課税標準額はどのようにして決定されるのでしょうか。実は市町村では3年に一度、国の定めた固定資産評価基準に基づき固定資産の評価を行って価格を決定しており…

日本人の平均寿命は80歳を超える長寿国になっています。それに伴い身体能力は低下していき判断力が落ちてきます。この意思能力(判断力)の有無が契約時において重要になってきます。その契約の効力の…

不動産の囲い込みとはズバリ不動産会社が一社で販売を独占することです。一般的に不動産を売却するときには不動産会社と媒介契約を結びます。媒介契約には一般媒介契約と専任媒介契約と専属専任媒介契約…

よく一括査定サイトを利用するといくつかの不動産会社からの査定を依頼することが出来ます。それぞれ不動産会社によって査定金額が違ったものが送られてきます。これはなぜでしょうか。不動産会社が査定…

借地権とは建物の所有を目的として土地を借りることになります。この借地権には地上権と賃借権があります。地上権は通常の売買価格の80%ぐらいで取引がされ土地を利用する権利としては賃借権より自由に…

住宅ローンを組んだ当時は収入に応じて借り入れができ返済できる計算だと思います。しかし今日のようにコロナカ渦で収入が減ったり職を失ったりすることがあります。そんな時、住宅ローンをどのように払…

通常の不動産売買と任意売却も変わらないため、物件の売却関わる仲介手数料「売買価格×3%+6万円+消費税」が発生しますが、この手数料は住宅金融支援機構や銀行等の金融機関(債権者)より支払われるため、お客様が費用を負担することはありません。また、任意売却に関わる相談料やコンサルタント料においても一切ご負担いただくことはありません。司法書士に払う登記費用においては債権者が負担し、滞納したマンションの管理費がある場合は売却代金から清算されます。
税金の滞納分については、管轄する役所により取り扱いが異なるケースがあります。引越し費用や次の住居は、基本的にお客様が準備することになりますが、債権者との交渉によっては、引越し費用などの一時金の支払いに応じてくれる場合もあります。こうした任意売却に関する様々な条件について、具体的な案件例を挙げながら詳しく語っています。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。