一般社団法人東京都任意売却支援協会

差押えと差押え解除・強制執行・督促状

お問い合わせはこちら 任意売却士 検定試験

差押えと差押え解除・強制執行・督促状 任意売却 東京

差押えと差押え解除・強制執行・督促状 任意売却 東京

2021/10/30

差押えとは金銭債権を強制執行できるようにするため、債務者が財産譲渡などの事実上または法律上の処分をすることを禁じる目的で行われる手続きになります。強制執行の対象となるのはお金を支払う義務のある人(債務者)の財産に限られます。そのため名義を変えられてしまわないように処分を禁じるのです。例えば住宅ローンを返せないなら別の人に売ってお金をもらうから名義変更しないようにとかその有名画家の絵画をお金に換えて借金の返済に充てるから売却しないようにすることです。一般的に差押えというと財産を強制的に奪うことまで含むイメージかもしれませんが財産を奪う手続きは「強制執行」にあたり「差押え」はあくまでも処分を禁止する手続きになります。差押えがされると住宅であれば登記簿に記録され差押えが解除されなければその記録は消えることはありません。借りているものを返せば解除され解除された記録が記入されます。差押えられた記録は解除されても登記簿に残ることになります。差押えになってから強制執行されるまで期間は半年から1年くらいで競売にかけられことになります。差押えの前に督促状が来ますのですぐに任意売却専門の会社に相談するのがいいでしょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。