一般社団法人東京都任意売却支援協会

相続評価額を下げる方法②

お問い合わせはこちら 任意売却士 検定試験

相続評価額を下げる方法②

相続評価額を下げる方法②

2022/01/17

土地は更地の場合が一番評価が高く建物等を立てることによって評価額を下げることが出来ます。ただ建物を建てるということが諸般の事情で難しい場合でも貸し駐車場にすることによって事業用の土地となり小規模宅地等の特例措置が適用され評価額を最大で50%減額できるからです。駐車場は月ぎめのみならずコインパーキングでも大丈夫です。そのエリアに需要があればトランクルームなども可能です。そのほかにも路線価の価格差を利用した評価額を下げる方法があります。評価額の違う道路に接している場合には評価額の低い方の土地の貸出免責を多くすることによって評価額を下げることが出来ます。相続税の計算では一区画のまとまった宅地であっても原則として実際の利用の単位ごとに評価しるからです。例えば倉庫と青空駐車場のように路線価の高い道路側と路線価の低い道路側にそれぞれ貸し出しをすればいいわけです。それだけでも評価額はグッド下がります。次回は建物の評価額を下げる方法をお話しします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。