一般社団法人東京都任意売却支援協会

空き家を相続した場合

お問い合わせはこちら 任意売却士 検定試験

空き家を相続した場合

空き家を相続した場合

2022/01/21

空き家は高齢者に関連する問題でもあります。その取得経緯は「相続」が最も多く建築時期が古いものほど空き家率が高くなります。今後の利用意向として「売却」(17.3%)「賃貸」(5.3%)などの希望はあるもののそれが難しい理由として買い手・借り手の少なさ・住宅の痛み・設備や建具の古さのじゅんにあげられています。実際家は人が済まなくなると痛みが急速に進むことから早めの対応が欠かせません。維持管理をするのも大変な物件はいくらかでもなればと売却を考える人が多いです。ただ建物が古くて売却したくてもできないものもあります。そのようなときには解体をして売却する方法もあります。またリフォームをして売りやすくすることも考えられます。実際に建物を見てどうするかは不動産屋等に相談してみるのが良いでしょう。例えば解体をする場合には解体費用が掛かりますので、売却費用よりもお金がかかってしまうこともあります。これでは解体する意味があまりないのでよく考えなければなりません。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。