一般社団法人東京都任意売却支援協会

共同担保と共同担保目録について

お問い合わせはこちら 任意売却士 検定試験

共同担保と共同担保目録について

共同担保と共同担保目録について

2022/01/22

共同担保とは仮にAさんが1,000万円の価値の土地と500万円の価値の土地を持っていてこの2つの土地を担保に金融機関から1,500万円を借りる場合のように同一の債権の担保として異なる不動産の上に設定された抵当権のことを共同抵当あるいは共同担保といいます。この場合のように2つ以上の不動産を担保の目的とする場合当該不動産が登記事項とされています。そしてこの場合登記官はどの不動産が共同担保の対象であるかを明らかにするために共同担保の対象であるかを明らかにするために供担保目録を作成し当該担保権の登記の末尾に共同担保目録の記号および目録番号を記録することになっています。登記事項証明書の乙区の権利者その他の時効の抵当権の末尾に共同担保目録の記号及び目録番号が記載されて乙区の下に共同担保目録が記載されることになります。共同担保である担保権が複数存在する場合にはその数だけ共同担保目録が作成されますがどの担保権の共同担保目録であるかはその記号及び目録番号で判断することになります。登記事項証明書を見ればこのようなことが確認することが出来ます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。