一般社団法人東京都任意売却支援協会

ローンの支払いが厳しい 任意売却 東京

お問い合わせはこちら 任意売却士 検定試験

ローンの支払いが厳しい 任意売却 東京

ローンの支払いが厳しい 任意売却 東京

2022/02/21

住宅ローンを組んだ当時は収入に応じて借り入れができ返済できる計算だと思います。しかし今日のようにコロナカ渦で収入が減ったり職を失ったりすることがあります。

そんな時、住宅ローンをどのように払っていくか考えてしまいます。

住宅ローンには金融機関が途中で支払いを見直してくれる条件変更というものがあります。これは返済そのものを免除してくれるといった制度ではありませんが返済の仕方を変更したり猶予してもらうことは可能です。

例えば毎月の返済額の増額・減額やボーナスの増額・減額などその他にも返済期間の延長や・短縮などです。これによって返済額を減らしたりすることが出来るので今よりは返済が減らせる可能性が高いです。

それでも返済が厳しい場合には売却を考えざるを得ないかもしれません。ただ売却してもローンの残債が残ってしまうと残債分は自己資金で補填しないといけないということが出てきます。その補填するお金がない場合には売却するのもなかなか難しくなります。

その場合には任意売却という方法があります。任売売却とは借入先の債権者(金融機関)と話し合いをしたうえで売却をする方法です。任意売却は支払いが滞納すると(大体3か月~6か月)債権者が住宅ローンを回収するために自宅を差押えて競売を実行しようとするのを止めることが出来、任意売却で売却したりリースバックでそのまま住み続けることが出来ます。

このような住宅ローンでお悩みの方は相談無料の東京都任意売却支援協会にご連絡ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。