一般社団法人東京都任意売却支援協会

売却査定に差が出るのはなぜ?任意売却 東京都

お問い合わせはこちら 任意売却士 検定試験

売却査定に差が出るのはなぜ?任意売却 東京都

売却査定に差が出るのはなぜ?任意売却 東京都

2022/02/28

よく一括査定サイトを利用するといくつかの不動産会社からの査定を依頼することが出来ます。それぞれ不動産会社によって査定金額が違ったものが送られてきます。これはなぜでしょうか。

不動産会社が査定をするときには公益社団法人「不動産流通推進センター」が定めた価格査定マニュアルを利用することが一般的です。この査定マニュアルを使えばどこの不動産会社でも査定額は同じであるはずなのです。

しかし査定の対象と比較する物件が会社によって違うから査定金額に差が出てくるのです。比較する物件は過去の成約事例を参考にしたりしています。その価格は年代によって違います。同じ年でも物件の程度によって値段が違ってきます。売主さんが早く売るために価格を安くして売っている場合もあります。これらの条件を考慮しながら不動産会社は査定をしますので当然違った査定金額になるのです。

特に気を付けなければいけないのは不動産会社が売却を依頼してもらうために価格を高く査定してお客さんを誘引することがあります。相場よりも高い金額で売りに出せば当然なかなか売れないということもあります。売れなければ価格を下げるよう不動産会社は言ってきます。下げれは売れるかもしれませんが売れなかった期間は売主様の時間の損失になります。

不動産の価格はそのエリア、時期によって価格の相場が変わってきます。ただし任意売却の場合の査定額は相場とは異なるので一括査定を利用してもあまり意味がありません。

任意売却の場合は専門家である東京都任意売却支援協会にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。