一般社団法人東京都任意売却支援協会

メイン業務を任意売却として東京の皆様の相談を承る中リースバックにも柔軟に対応

お問い合わせはこちら 任意売却士 検定試験

東京の任意売却・一般社団法人東京都任意売却支援協会の評判

不動産管理の専門家としてリースバックもご案内

東京の任意売却・一般社団法人東京都任意売却支援協会の評判

定年後の年金が少ないため今後の生活に不安な方、自宅を残しても相続させる人がいない方、不動産売却で資金調達をお考えの方、諸事情で引越しをしたくない方、競売の通知を受け取った方、任意売却を検討されている方、将来的には住宅を買い戻したい方など、一度担当スタッフまでご相談いただければ、不動産管理の専門家として、選択肢の一つとしてリースバックをご案内いたします。リースバックのメリット・デメリットについても詳しくご説明いたします。


債務整理・任意売却の専門家として手厚くサポート

競売でも任意売却でも、売却後に引き続き残った債務を払う義務を負うことは同じです。しかし大きく違うのは、競売では任意売却よりも安く売却されてしまうため残債が多くなってしまうという点です。また、任意売却は残債を無理のない方法で支払うように交渉できる点が、競売にはない大きなメリットです。競売開始決定通知が届いた時点ではまだ半年ほどの猶予がありますので、専門家に相談してできるだけ早期に対応策を練るのが賢明です。
「もう手遅れだ」「どうしたら良いのか分からない」と途方に暮れているようであれば、まずは担当スタッフまでお問い合わせいただければ、任意売却・債務整理の専門家として手厚くサポートいたします。当然、残債は少なければ少ないほどお客様にとって良いことは間違いありませんので、条件が許す限り入札が実施される前に、任意売却に着手することをおすすめします。

経験豊富な不動産管理の専門家としてリースバックもご案内

「ローンの支払いが滞っているが、住み慣れた我が家になんとしてもこのまま住み続けたい」「思ったより退職金や年金が少なく、今後の生活に不安を感じる」「自宅を残しても相続させる人がいない」「子供を転校させたくない」などのお悩み・お困りごとをお抱えの方には、リースバックをおすすめしています。リースバックとは、信頼できる個人投資家や投資会社などの第三者に一旦不動産を買い取ってもらい、その家主と賃貸契約を結ぶという不動産管理の手法です。
売却後はお金が一括して入ってくるため、それを老後資金に充てることもでき、資金繰りが楽になるので、生活が安定した後に再び売却した家を買い戻すこともできます。不動産管理の専門家として、事前ミーティングにてお客様のご事情・条件をしっかり把握した上で、お客様にとって最適な解決方法を多角的な視点で精査してご提案してまいります。

リースバックのメリット・デメリットについても詳しく説明

リースバックのメリットとしては、「引越しをしないで住み続けられる」「売却した資金を老後資金に充てる事ができ、生活の不安を解消できる」「住宅ローンの支払い(月々及びボーナス月)がなくなるので家計の改善に集中できる」「自宅を将来的に買い戻すこともできる」「不動産を売却したことが誰にも知られることがない」「使用者になるので固定資産税が掛からない」といった点が挙げられます。
リースバックのデメリットとしては、「家賃の支払いが必要になる」「賃貸契約を結んでくれる買主が見つからなければ、成立しない」「賃貸契約後に毎月家賃を支払う必要があるので、継続的に安定した収入が見込めなくてはいけない」などの条件をクリアしなくてはいけないという点があります。任意売却だけでなくリースバックについてもご興味のある方は、お電話・メールフォームにてご相談いただければ、適切にアドバイスいたします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。