一般社団法人東京都任意売却支援協会

債権者との円滑な交渉を実現する熟練の任意売却サービスを東京の皆様に提供

お問い合わせはこちら 任意売却士 検定試験

サービス

熟練スタッフがお客様の立場を誠心誠意サポート

SERVICE

物件処分後の残債を大幅にカットできるように尽力します

担当スタッフが債務者と債権者の両者の間に入り、共に納得できる条件で任意売却を成立させます。任意売却はより良い条件で物件を売却できるため、競売に比べて物件処分後の残債を大幅にカットできます。また、競売よりも早期かつ多くの返済を行えるため、債権者に対してより有利な条件を交渉でき、引渡しの時期の調整、一時金の支払いなどについても話し合っていけます。実務経験豊富な熟練スタッフが、お客様の立場を誠心誠意サポートいたします。


債務者と債権者が納得できる競売よりもより良い条件で売買を成立

住宅ローンなどのお金を借りている人(債務者)と、住宅金融支援機構や銀行などの金融機関(債権者)との合意の下で債務を整理し、任意の条件で不動産を売却することを任意売却といいます。住宅等の不動産を購入する場合、ほとんどの方はその費用を債権者から融資してもらった上で月々の返済を行い、債権者はその融資の担保として住宅に対して抵当権を設定します。
しかし、何らかの事情で月々の返済を滞納することになった場合、最終手段として、債権者は担保となった住宅を差し押さえて競売を申し立てます。競売での落札価格は、市場よりも非常に安い価格になるケースが多いのが現状です。任意売却はその対応策として、担当スタッフが債務者と債権者の間に入り、両者が納得できる価格で売買を成立させます。

引渡し時期の調整や一時金の支払いの交渉にも尽力いたします

競売に掛かってしまうと、大切な家を失った後でも引き続き多くの借金を負う場合が少なくありません。任意売却であれば、少しでも有利な条件を債権者と話し合ったり、引渡しの時期を調整したりすることもできます。また、債権者によっては一時金の支払いに応じてくれる場合もあります。
「住宅ローンや他の借入の返済が滞り返済を迫られている」「固定資産税や住民税等が未払いのため差押が入った」「金融機関より督促状・催告書が届いている」「裁判所より競売開始決定通知書が届いている」「離婚するので家を処分したいが、売却しても住宅ローンが残りそうで困っている」などのお悩みをお抱え場合は、まずは担当スタッフまでご相談いただければ、不動産管理のプロとして、その後の段取りも含めて丁寧にナビゲートいたします。

熟練の実務ノウハウを駆使してお客様の自己破産を回避します

任意売却サービスは、競売よりもより良い条件で不動産を売却してその代金を返済に充てられるように促していきます。任意売却の場合、競売と違い市場価格に近い価格で販売できるため、不動産の処分後に残る債務(残債)が少なくでき、残債を大幅カットできます。また、債権者に対して競売よりも早期に多くの返済を行えるため、残債について現状に即した対応を交渉できます。
自己破産も任意売却も不動産を処分して債務に充てるという意味で大きな違いはありませんが、自己破産では事実が公のものとなってしまう上に、不動産を含むすべての資産の凍結が行われます。任意売却は自己破産を回避しながら余裕を持って債務整理を行えます。担当スタッフは、これまで豊富な実務経験を積んでまいりましたので、どのような条件の案件にも臨機応変に対応できます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。